イオン化ミネラルの効用

世界一の長寿国日本。高齢化進行の背景はどこにあるのでしょうか。平均寿命八十歳以上の人が大勢いらっしゃるからです。つまり明治生まれの方が元気な素質をもっているということなのです。健康長寿で天寿を全うするには、青年期まで自然な生活環境で過ごすことが基本です。そのためには、キレイな空気、清冽な水は不可欠で、その環境が護られるがきり、ボケ、植物人間になることはありません。即ち、予防医学の根本は水の環境保全にかかっているのです。さらに、母なる大地の恩恵をすなおに受けることです。

脚光を浴びるミネラルイオン

生命の起源は「ミネラル」のイオン化であったと考えられます。漢方薬でも基礎は薬石です。このようなことは、皆様すでにご存知のとおりでしょう。

セラミックの素材は高純度のメタケイサンイオンで(有機硅素)、これはゲルマニウムと同族の元素です。ミネラル還元水には、このミネラルがカナリ多く含まれています。ベストセラーの「知られざるメタケイ酸の効用」は、多くの情緒不安定の難病の原因にミネラルの不足に起因するとしています。この所説に見られるように現代人に必要な栄養素とくにミネラルの不足は目をおおうばかりで、その原因は酸性雨、化学肥料、農薬等による農地汚染土壌の農作物の”知られざる栄養素の不足”にあるのです。

これが、ミネラルイオンが脚光を浴びてきた背景です。

ミネラルイオンの豊かな秘水

成人病(アルツハイマー症を含む難病)の増加が高齢者ばかりでなく、低年齢層にも増加しているのは、心因性ストレスにあるとされていますが、その根本的な原因は、内・外からくるストレスに対する抵抗力の低下にこそ最大の直接原因があったのです。

多くの健康法がブームになっていますが、例えば音楽療法、芳香療法、ヨガ、ハリ、気功法等様々のものが効果ありとして流行しているのは、それらを必要とする人たちが増えているからです。なぜ増えているかということを、もう一度繰り返しておきます。

ミネラルイオン不足が血行代謝、呼吸代謝を妨げて、酸素の足りない体質にしてしまいました。多くの健康法が酸素代謝をさかんにするということで効果を発揮しているのです。そういうことであれば、酸素不足にならない食生活の環境こそ大切だということです。

ミネラルイオンの豊かな秘水こそ、現代人に不可欠なものではないでしょうか。

Si + H2O = SiO2 + H2+   ⇒  H2+ + 2e = 2H
        (プラス水素イオン)  (マイナス水素イオン)

pagetop

日本語 中国語 英語